マカとトンカットアリの違いは!どちらを選択すればいいのでしょうか!
  

マカとトンカットアリの比較

トンカットアリとは

トンカットアリと言う名前を一度程度聞いたことがあると言う人たちもいらっしゃるのでしょうか。しかし、まだまだ植物としてトンカットアリの認知度は低いのかもしれません。ここで知っていただきたいのは、マカについてであり、トンカットアリであり、マカのことをよく知り、トンカットアリのことをよく知り、それぞれを比較することによって更にそれぞれ植物のメリットデメリットを追求していただきたいと思います。

今、既にこのトンカットアリに多くの注目が集まっているという話しを聞きます。マレーシア人参という名前を聞いたことはあるでしょうか。それはトンカットアリのことです。マレーシア人参の根っ子の部分をトンカットアリと言います。朝鮮人参と言うとても高価な漢方がありますが、成分は朝鮮人参にもとても似ているといわれています。マカ、クラチャイダムと言ったものと仲間と言えば仲間です。

日本人のみなさんはまだまだトンカットアリという名前に認知度はあまりなかったのかもしれませんが、海外では遙か昔より多くの人たちが薬用として愛し続けていたものです。

私達はやっぱり天然を利用するべき

私達は病気になったりすれば、すぐに医師を頼り、医薬品を求めてしまうものです。そこに強いパワーがあり、私達が大変満足するケースも確かにありますが、同時にそのようなものに対して副作用の問題を心配していかなければなりません。強い薬は同時に強い副作用に脅かされていると言うことに是非懸念していただきたいと思います。それほどまでに医薬品に頼るという姿勢は大きなリスクを持っているのです。

トンカットアリがどうなのかと言えば、トンカットアリは天然成分だから副作用の問題は一切心配する必要はありません。トンカットアリはマレーシアのバイアグラと言う呼ばれ方をすることがありますが、バイアグラは医薬品であり、トンカットアリはそうではありません。まずみなさんにしっかりここに線引きが必要になって来ます。

実際にトンカットアリにはバイアグラのような即効性は期待出来ないかもしれませんが、トンカットアリは身体全体をまず健康にして、そしてEDを改善して行くという正しい方向性があります。だからその効果が発揮されれば、確実に長く持続出来ると言う、バイアグラよりも満足度が高いものともなります。

トンカットアリは男性ホルモンのテストステロンの分泌を促してくれます。だからトンカットアリを服用することによって、肉体的、精神的疲労と言うものも回復させて行くことが出来ます。セックス欲を高めてくれたり、男性不妊を回避してくれたり、そのようなことにトンカットアリは大きな効果を発揮してくれます。

トンカットアリにはアルギニンという成分に満たされている

テストステロンと言うものはアンドロゲンに属しているステロイドホルモンであり、男性ホルモンの一種です。このテストステロンの分泌を促してくれる成分がアルギニンであり、トンカットアリにはアルギニンが一杯含まれています。

そしてアルギニンだけでなく、 ビタミンB6、亜鉛と言ったものバランス良く含まれていることが、より効果を発揮してくれる所以と言われています。

マカとはどのようなものか

みなさんはトンカットアリよりもマカという植物に対しての依存度が高いと言うことになってしまうのでしょうか。マカもトンカットアリと似たような効果を発揮してくれます。

なぜ、男性のみなさんはこれほどまでにマカ、マカと声を上げているのでしょうか。マカの中に含まれている成分はアルギニンでありそれがここでも大いに効果を発揮してくれることになります。

マカは南米ペルーに植生しているアブラナ科の多年生植物のことです。「macamaca, maino, ayak chichira, ayak willku」と言われているものがマカの別名です。マカもトンカットアリも男性の為の植物と思っている人たちがかなり多くいらっしゃるようですが、決してマカもトンカットアリという植物もそのようなものではなく、女性のみなさんにも積極的に是非利用していただきたい薬用植物なのです。

既に女性のみなさんもマカ、トンカットアリという天然植物に注目をして、密かに健康的に美しくなっていると言う話しです。マカも天然成分であり、天然成分だから長く安心して使用し続けることが出来ます。まだまだここではみなさんの知らないマカの魅力、トンカットアリの魅力を追求して行きたいと思います。まだまだマカ、トンカットアリはみなさんを長い期間ハッピーにしてくれる成分が含まれています。